相島一之

profile

連ドラから再現ドラマまで出まくりの多忙なバイプレ。ホラー映画『恐怖学校の怪談新聞』ではクールなドラキュラ役なのに常にハイテンションで共演の速水や今野にめんどくさがられている。キレてないと言いながらキレがち。

安藤玉恵

profile

癖のある佇まいで一度見たら視聴者の脳裏に居座り続ける個性派女優。4チャン「CTO」ではごくせんを完コピ。役の上でも現場でも生徒役のアイドルたちをビシバシ指導していく。しかし金子大地にだけは弱い。

天海祐希

profile

クールな美貌と演技力を兼ね備えた日本を代表するスター女優。誰に対しても気さくに振る舞うので皆ファンになってしまう。ただサービス精神が旺盛すぎるのか、暇になると撮影所で石原プロばりに炊き出しを始めるという噂。

有村架純

profile

演技力と可憐な美貌を兼ね備えた若手で本格派の主演女優。数多くの作品に出演してきて、数多くのおじさん俳優と出会い、おじさん仲間も多い。おじさん俳優と友達のように触れ合い遠藤憲一を“エンケン”と呼ぶ。酒に酔うと役所広司を“広司”と呼んでしまうという噂。

石丸謙二郎

profile

美声が魅力のバイプレ。実はゴシップ好きで週刊誌と裏で繋がっているという噂があり周囲から引かれている。しかし根っこは作品を愛し情に厚く涙もろい男なのだが、そういう噂はたたないのが本人は寂しい。

稲葉友

profile

確かな演技力で大注目のイケメン俳優。だがいまだに時々名前を間違えられる。「友」と書いて「ゆう」である。最近大型SPドラマ「冤罪」に出演が決まったが、なぜ『テレビ東京開局57周年記念』という中途半端な周年企画になったのかが気になっている。

伊武雅刀

profile

ダンディーかつフリーな佇まいのバイプレイヤー。難解で腹の読めない役柄を飄々と演じきれる数少ない名脇役である。そのため普通に笑ってもなぜか“不敵な笑み”に見えがち。悪だくみする役柄が多いがリアルに悪だくみをすると失敗するらしい。

宇梶剛士

profile

厳しくも頼もしい役者界のアニキバイプレ。局や作品の大小に関係なく引き受けた仕事はベストを尽くす熱い漢。今は任侠映画「アウトローの森」に命を賭けている。だが実は平和主義者で家族をこよなく愛する。

宇野祥平

profile

8チャン「ドクターZ・5」で共演する森下能幸とはかつてバイトの先輩だったという森下後輩バイプレ。怪しげ役柄が多かったが今や朝ドラでも人気を博す。業界にも隠れ宇野ファンは多い。「ドクターZ・5」のオープニングのかっこいい自分が好き。

柄本時生

profile

役者一家で育つサラブレッドバイプレ。先輩に余計なこと言って地雷を踏みがち。ドラマ1話で、MAスタジオの中で、映画を監督したい濱田岳に「いいネタない?」と振られ、実家に眠る脚本を探し中。それがゆくゆく大きな騒動を呼ぶことに。

遠藤憲一

profile

眼力鋭いコワモテな風貌の名脇役だが、実は繊細で心配性、そして小学生のような天真爛漫さをあわせもつ。最近はフィリピンにどっぷりはまり、モニカという女性の飲食店で住み込みで働きながら国際スターを目指している。

大倉孝二

profile

クセのある役柄を演じたら天下一品の個性派俳優。6チャン「大合併」で『底っぷちネズミ』と呼ばれながらも主演の向井理がバズるために必死に戦った。だが先々の脚本では『裏切り者』に転身するかもしれない、という噂。

岡田浩暉

profile

若い頃はミュージシャンとして名を馳せたバイプレイヤー。8チャン「ドクターZ・5」では途中からレギュラー出演。若作りをしてるわけではないがとにかく昔からずっと若い。高畑淳子からは元イケメンと言われる。津田寛治と仲良し。

岡山天音

profile

確かな演技力で伸び盛りの若手個性派バイプレ。伸び盛り過ぎて自分のキャラがなんだかわからなくなることもあるらしい。そんな中1チャン大河ドラマ「宮本武蔵」の前期の主演に大抜擢されたという噂。だからいよいよキャラがわからなくなっているという。

小木茂光

profile

「ソイヤ!」の掛け声でおなじみ一世風靡セピアの元リーダーで渋い演技が光る名バイプレ。1チャン朝ドラ「ベジタブル」に出演中。升毅と会うとノリツッコミ合戦になる。役に集中するために衣装のまま歩きまわりがち。有村架純が大好き。

小沢仁志

profile

どんな作品も任侠物に変えてしまう力を持つあらくれ者。作品の為なら法をおかす事も厭わない。若手にも容赦がなく特に柄本時生に厳しいが、実は後輩思いの温かい男。小沢を慕う若手役者は多いがサバイバルナイフを箸のように操るのだけはやめてほしい。

尾上寛之

profile

朝ドラ常連の実力派俳優。玉置玲央との親交も深く次世代を担うバイプレイヤーなのだが、さざなみ庵のジャスミンにばっさりと切られることも。広い敷地のバイプレウッドの移動は徒歩よりバスを使う派。

尾美としのり

profile

子役から芸能界を生き抜いてきたバイプレ界の猛者。知識と計算高さで5チャン「わたしの番です」を生き残ってきた。ぼちぼち殺される(干される)ターンなので焦っている。占いが得意で、特に朝ドラヒロイン予想は外したことがない。

勝村政信

profile

ポーカーフェイスで皆の想像の斜め上をいく芝居をみせ現場を騒然とさせるベテランバイプレ。テレ東「チーム7」では老刑事になりきり遂に台詞を発しなくなり、その後木の実ナナに似たジーパン刑事を演じ「なんじゃこりゃあ」しか言わないらしい。

加藤諒

profile

小動物のような風貌で強烈な個性を持つ大人子ども俳優。常に一生懸命でこの先小学生の役がきた場合でも演じられるように日々清らかな心を持つ心がけをしているという噂。でもおそらくそんな役は来ない。怖い人は苦手。

金子大地

profile

伸び盛りのイケメン俳優。クールでワイルドなイメージだが実はかなり渋い趣味嗜好を持つ。恋愛も他の若手と違ってアグレッシブな表現をするらしい。恋に落ちたらとことん突き進み壁ドンもいとわない。

岸井ゆきの

profile

卓越した演技センスを持ち主役を食う独特の存在感を持つ若手女優。天真爛漫で物怖じしない。でもその分先輩に余計なこと言って地雷を踏みがち。その辺は柄本時生に似ている。1チャン朝ドラ「ちゃきちゃき家族」に出演中。いまだにセーラー服は似合う。

北村一輝

profile

日本人離れした容姿で悪役からコメディまで演じきる演技派俳優。凄まじい役作りで知られ1チャン大河ドラマ「宮本武蔵」に主演すると決まってからは壮絶な荒業に挑んだという噂。壮絶すぎてここには書けない。かつて海賊に憧れた過去をもつ。

木下ほうか

profile

いけずな役柄でお茶の間の心を掴んだ曲者バイプレの代表格。実は気配りのできる優しい繊細な紳士なのだが、それがこじれてやっぱりいけずにみえる。曲者が揃った7チャンの新連ドラ「刑事曲者」では木下をはじめとする出演者が皆曲者すぎて現場が全くまとまらないという噂。

木村多江

profile

主演も脇役もこなす女性バイプレイヤーの代表格。おっとりした雰囲気の癒し系女優。その穏やかな雰囲気でスタッフからの人気が高い。でもおっとりしているようにみえて結構ちゃきちゃきしているらしい。1チャン朝ドラ「ちゃきちゃき家族」に出演中。

甲本雅裕

profile

映画・ドラマに欠かせない名バイプレイヤー。劇団東京サンシャインボーイズ出身で、劇団仲間の相島一之と「アウトローの森」で共演することになり、あのテンションについていけるか自信がない。文武両道の精神を持ち剣道四段だがしばらく竹刀を握っていない。

近藤芳正

profile

中学生日記でデビュー。怒んないから本当のこと教えてと言って怒りがち。テレビ東京「チーム7」では誰もがよく知る紅茶の大好きな刑事を完コピする。実は彼の役柄は「チーム7」の後半、重大な役割を持つとの噂。重労働すると背中をつりがち。

今野浩喜

profile

キングオブコントチャンピオンも今や名バイプレ。ホラー映画『恐怖学校の怪談新聞』に出演中。低予算でレールのばらしも役者がやるほどお金がないらしい。そのストレスからか先輩の相島を結構ディスるが、愛があってのことだと信じたい。

佐々木希

profile

モデルからドラマ映画までマルチに活躍する大人気女優。殺し屋役も前向きに演じるポジティブな女性だが、出演中の5チャン「わたしの番です」では、誰が殺される(干される)かわからないため、皆が腹の探り合いをしてちょっと辟易している。

宍戸美和公

profile

クイーンオブPTAにいそうなおばちゃんバイプレ。普段は物静だがカメラが回るとエネルギッシュな芝居で現場を魅了する。8チャン「ドクターZ・5」に出演中で共演者の森下能幸の下の名前がいまだにちゃんと読めない。あと差し入れが気になる。

志田未来

profile

芝居の為なら戸籍以外、歯も骨も抜く超ストイックな女優。20年以上業界の一線を走る強者。7チャン「チーム7」でのスケバン刑事風の衣装がことのほか好評らしい。趣味はGoogleストリートを見ることで暇ができると役者仲間とスマホで街ブラする。停電が苦手。

渋川清彦

profile

ロックな佇まいの破天荒バイプレ。群馬県渋川市出身者の中で一番クレイジーとの噂。その風貌とリアルな芝居で売れっ子で滝藤並みにクレイジーな忙しさだが、仕事はきちんとこなすので実はとてもいい人なのかもしれない。バイプレウッドでは「アウトローの森」と「刑事曲者」をぬっている。

ジャスミン【北香那】

profile

大杉漣の元マネージャー。バイプレウッドの「さざなみ庵」で働いている。バイプレウッドにいる大物役者たちを呼びつけにしたり「オマエラ、モタモタスンナヨ」と上から目線であしらえるのは彼女のみ。時々遠藤のいるフィリピンに行くらしい。

菅田俊

profile

強面ながらコミカルな役もこなし「キルビル」「ラストサムライ」など海外作品にも多数出演する名優。穏やかな性格で滅多に怒らない。菅田将暉の登場以来「すがた」ではなく「すだ」と呼ばれることが増えたが「はい」と返事をするほどの人格者。だが芝居に関わることで怒ると本気で怖い。大杉漣のサッカークラブに所属し体力には自信がある。

杉野遥亮

profile

モデル出身の若手のホープ。伸び盛りでなんでも吸収しようと先輩の意見を何でもかんでも信じがち。近藤芳正に「小ライスで背が伸びた」と言われ一瞬信じかけたらしい。テレ東チーム7の“踊る”風の衣装がお気に入り。

醍醐虎汰朗

profile

『天気の子』のオーディションで2000人の中から主人公に選ばれた新進気鋭のイケメン俳優。4チャン「CTO」の現場では金子に次いで若者のリーダー的存在。また先輩俳優に好かれがち。真面目で聡明だが、時に現場ではしゃぎすぎることも。

高杉真宙

profile

まっすぐな性根をもち周囲に気配りを惜しまない癒し系若手俳優。5チャンの「わたしの番です」出演。先々濱田岳が柄本時生とやる自主映画「月のない夜の銀河鉄道」にも参加するらしい。でも監督の濱田岳の言ってることがちょいちょい理解できず怒られる。

高畑淳子

profile

言わずと知れた演技派の名女優。テクニックと天才的な瞬発力を持ち合わせ後輩の役者も尊敬を惜しまない。芝居には超ストイック。ストイックすぎて自分にも他人にも子役にも厳しい。そんなストイックすぎる自分が憎い。

滝藤賢一

profile

とにかく売れっ子で脇役に主演にドラマ・映画に出まくりの多忙バイプレ。バイプレイヤーズ第一期では芸能界を干されかけ今回の第三期では「ドクターZ・5」を干されかけるも不死鳥のように復活するタフな男。とにかく24時間365日仕事がしたい。

田口トモロヲ

profile

ミュージシャンや映画監督もこなすマルチな奇才。ほぼ宇宙人。元祖バイプレイヤーズの中で一番予測不能な行動をとる。撮影の際には確実にオンエアで使えない下ネタを挟むという。最近はマシンガンを持つとテンションが上がるのと、風の鳴き真似がうまくなった。それと陰ながら若手を応援している。

田中泯

profile

孤高の存在感を放ちダンサーとして世界的に有名な唯一無二の俳優。1チャン大河ドラマ「宮本武蔵」で柳生石舟斎を演じる。その佇まいにスタッフもキャストも惚れ惚れとしてしまう。ただ役作りなのかとにかく口数が少ない。喋らなすぎて若手はどうしていいかわからなくなる。

田中要次

profile

猫が好き。友情を大切に生き、友情に振り回される心優しい個性派俳優。5チャン「わたしの番です」では常に次回殺されるのは田中だという噂がたつ。流石に落ち込むが、猫と遊ぶとすっかり忘れるらしい。

玉置玲央

profile

数多くの舞台に出演し最近は映像に進出する確かな演技力の個性派イケメン俳優。人気もうなぎのぼりだがジャスミンにばっさり切られることも。尾上と一緒で、広いバイプレウッドを移動するときは徒歩だと疲れるのでバスを使う派。

津田寛治

profile

低予算から大作まで幅広く活躍するバイプレ。万人から愛される名脇役で慈愛に溢れる人格者だが子煩悩で、子供への愛情が半端ない。それがとんでもない暴走を呼ぶらしい。また「アウトローの森」にも出演。先輩へのリスペクトが半端なくそれが若手に厳しい言動につながることもしばしば。

寺島しのぶ

profile

ベルリン映画祭を制した日本屈指の演技派女優。映画主演作も多くテレビドラマに滅多に出ないが、なぜか8チャン「ドクターZ」は好きで番組の窮地を知って参加。コンプライアンスファーストを新レギュラーに。現場への差し入れは惜しまない。

でんでん

profile

7チャン連ドラ「刑事曲者」では後半の回からキングオブ曲者刑事として華々しく登場予定。大活躍するはずだが曲者すぎて活躍しないかもしれない。刑事役が多く天海祐希と親交が深い。天海の指示でバイプレウッドにまつわる“ある噂”を彼が調べている、という噂がある。

富田望生

profile

演技力と異色のキャラクターで魅せる爽やかな若手バイプレイヤー。キュートな人柄で大勢に愛されているが、実は本人、虎視眈々と1チャン朝ドラのヒロインを狙っている。しかし秘めた野望も本人の性格からか周囲にダダ漏れらしい。

菜々緒

profile

日本人離れしたスラっとした容姿と確かな演技で連ドラ・映画・CM・モデルとして大活躍中の女優。猪突猛進型で「間違ってる!」と思ったらすぐ署名活動してしまうタイプ。ガッツがあって泥臭い一面がありスタッフが大変なら率先して照明のレフ板を持つ。天海祐希の大ファンで本人を前にするとうっとりしてしまう。

波岡一喜

profile

任侠映画「アウトローの森」に出演する中でも若手の部類。強烈な先輩たちに囲まれて四苦八苦している。また関西弁で荒くれ者の役が多く怖いイメージがついてるので、朝ドラや大河にバンバン出ていい人に見られたい。

西村まさ彦

profile

コミカルからシリアスまで幅広くこなす名優。真面目だが不器用で他人の心の地雷をガンガン踏みがち。でも心は優しく、スタッフが困っていると率先して手伝ってくれるのだが、その際思い切り腰を痛めてしまい、逆に周囲に迷惑をかけてしまうタイプ。

野間口徹

profile

知的眼鏡キャラバイプレ。何を考えているかわからないと言われるが実際なにも考えていないときもある。7チャン「刑事曲者」では曲者俳優たちに囲まれ「自分はこの中ではよっぽど普通なほうだな」と思っているようだが、決してそうではない。

橋本じゅん

profile

劇団☆新感線の看板の一人。舞台に映像に大活躍する関西のバイプレ。趣味は沖磯釣りで釣りの話に夢中になるとテーブルのお冷をこぼす。映画「アウトローの森」では「大声のハシモト」という橋本にしかできない殺し屋役を演じている。

長谷川京子

profile

女優・モデルとマルチに活躍するビユーティーバイプレ。クールに見えて実は世話焼きで涙もろい。最近4チャン「CTO」の現場もようやく気合が入っていい形になってきたが、その流れがやがてとんでもない方向に向いていくのだが、ハセキョウは知る由もない。

濱田岳

profile

子役から23年以上業界を生き抜く若手ながらもはやベテラン。最近映画監督に挑戦したい願望が芽生え、バイプレウッドで柄本時生に「いいネタはないか?」と相談した(ドラマ1話)。それで時生が実家から持ってきた脚本「月のない夜の銀河鉄道」を監督することになる模様。監督としては形から入るタイプ。

浜野謙太

profile

映画やドラマでとにかくよく見るが、本職はミュージシャン。8チャン「ドクターZ・5」に途中からレギュラー出演中。人を乗せるのがうまく、乗せすぎる自分が怖い。子煩悩で何かあると家の子供に電話する。

林泰文

profile

映画・連ドラ・2時間ドラマと数多くの名作に出演してきたバイプレイヤー界のレジェンド。栄誉よりもチャレンジ。記録よりも記憶に残るがモットー。だがひそかに殺され役の回数で記録を狙っている。

速水もこみち

profile

真面目な芝居もコミカルな芝居もこなせるイケメンバイプレ。料理は愛情とオリーブオイルをたっぷり注ぐが、ホラー映画『恐怖学校の怪談新聞』の現場では先輩の相島一之に惜しみない愛情を注ぐ。だが時々面倒くさくなると今野と一緒にディスる。

原田龍二

profile

何でもチャレンジするチャレンジャーバイプレ。5チャン「わたしの番です」で主演していたが途中であっけなく殺され人間不信に。そんな時は温泉につかってリフレッシュ。温泉につかって感動して泣いたことがあるらしい。弟はVシネネオ四天王・本宮泰風。

profile

風と書いて「ふう」と呼ぶ。長年バイプレウッドに住みつく犬。とにかく撮影所と現場が大好きでいつもその辺をうろついている。バイプレウッドの隠れシンボル的存在。寝床は24スタにあるがさざなみ庵にもある。元祖の4人に特に懐いている。

ふせえり

profile

クイーンオブずけずけしたおばちゃんバイプレ。バイプレイヤーといえば必ず話題に上がる女優でどんなシチュエーションや俳優とでもそのシーンを面白くしてしまう魔法のような女優。だが滝藤賢一とだけは衝突しがち。あと差し入れが気になる。

堀内敬子

profile

5チャン「わたしの番です」に出演する超演技派女優。マッサージが得意で、その卓越した演技力でどんなジャンルの役も揉みしだく。毎週役者が殺されて(干されて)いく「わたしの番です」では殺されないためにプロデューサーや監督の肩や腰を揉みしだく。

本田博太郎

profile

寡黙な父から北京原人まで二足歩行なら全て演じ切る怪優。子供が大好きで子供番組でも全力で演じ切るが、全力すぎて子役もスタッフもついていけないらしい。それでもやめられないストイックすぎる自分が憎い。

本田望結

profile

名子役として一世を風靡した本田望結も16歳。かつてテレ東朝ドラ「しまっこさん」(バイプレイヤーズ・シーズン2)に主演したが、今の照準は1チャン朝ドラの正式なヒロインになること。そのためだったら髪型もwikipediaの経歴が変わってもいいと思っている。

本多力

profile

京都を拠点とする劇団ヨーロッパ企画の俳優。数多くの作品に登場する若手バイプレだが彼もジャスミンから「もっさりしている」と言われちょっと傷ついている。浴衣が好き。

前田敦子

profile

主演だけでなくバイプレイヤーとしても活躍する女優。過去に超過密スケジュールを経験しているため同時に多数の仕事を軽々とこなす、という噂。テレ東新連ドラ「刑事曲者」に主演するが曲者おじさんたちも前田敦子の手のひらで転がされたいらしい。

前野朋哉

profile

数々の映画ドラマに登場する若手バイプレイヤーの代表格。役者だけでなく映画監督もこなし家庭では良きパパである、というなかなかの活躍ぶりなのに、さざなみ庵のジャスミンからは「もっさりしている」とバッサリ切られ腹立たしく思っている。

升毅

profile

朝ドラに8度も出演する猛者。ヒロインになりそうな女優が一目でわかる目利き。小木茂光と現場で会うとノリツッコミ合戦になりがち。現在1チャン朝ドラ「ベジタブル」に出演中。落ち着いて動じないように見えるが雷は苦手。

松尾貴史

profile

マルチに活躍する知性派バイプレ。穏やかで人あたりが良い紳士だが若手にちょいちょい無理難題を言う。7チャン「刑事曲者」では気分によってメガネをかえるため、つながりがぐちゃぐちゃになりがち。「それって、なんか、なんかだよね」が口癖。

松重豊

profile

元祖四人の中で一番年下だが気配りの利く影のリーダー的存在。100人以上の役者が出るバイプレイヤーのバイプレイヤーによるバイプレイヤーのための任侠映画「アウトローの森」では中心的存在。というか誰もまとめないので仕方なくやっている。撮影所をうろつく犬・風の面倒を一番みているのも松重だという噂。

光石研

profile

誰に対しても垣根を作らず誰とでも仲良くなれる人懐っこい性格の愛されキャラ。前に出るタイプではないが最後に美味しいところを持っていくタイプ。松重と同じ九州出身。同じく九州出身の役所といると博多弁でフランクな会話となる。ちょいちょいしくじって田口や松重に突っ込まれがち。

観月ありさ

profile

連ドラ連続主演のギネス記録という偉業を成し遂げたスター女優。「ドクターZ・5」の現場では”ありさの半分は優しさでできている”と言われているらしいが、思ったより毒を吐きがち。それもこれも作品を背負う座長としての振る舞いらしい。寺島しのぶに憧れている。

向井理

profile

スマートな顔立ちだが超生真面目な男。6チャンの主演連ドラの「大合併」では初回から視聴率最下位で苦労したが『#喋れ向井』がようやくバズり1位復活。その後も「大合併」に全力で取り組む。ただ全力過ぎて周囲は心配しているという噂。向井という割に向かい風に弱い。

六平直政

profile

極道役から三枚目まで演じ分ける名バイプレイヤー。見た目と違って優しくておしゃべり好き。前田敦子と女子力満点のトークを繰り広げたり、六平がいるだけで現場が賑やかになるらしい。しかし1チャン大河ドラマ「宮本武蔵」の現場では別の厳しい一面もみせる。

村田雄浩

profile

朴訥で温和なオーラで愛され続けるバイプレ。現代劇から時代劇、平凡な役から悪役まで演じきる名優だが結構周囲に振り回されがち。4チャン「CTO」の現場でも十二分に振り回されている。有村架純が大好き。

MEGUMI

profile

飾らない性格と演技力で業界から愛され続けるバイプレイヤー。バイプレウッドの端っこの24スタでドラマ24「下北沢アルマゲドン」を撮影中。そこには撮影所に住みつく犬・風の寝床もあり、風はMEGUMIに懐いている。撮影は楽しいが「下北沢アルマゲドン」のドラマの設定はやってる本人もいまいち理解できていない。

本宮泰風

profile

ネオVシネ四天王。映画「アウトローの森」に出演中。芝居の為に身体を鍛えぬいた肉体派で芸能界で一番喧嘩が強いらしい。遠藤憲一によるとプロレスラーを倒したことがあるらしい。本人は否定していない。兄は原田龍二。

森下能幸

profile

8チャン「ドクターZ・5」に出演中の超曲者バイプレ。数多くの名作に出演し「キルビル」にも出ている名脇役なのだが、共演者の宍戸美和公にまだ名前を覚えてもらっていない。細かいことが気になってくると、言わないとお腹を壊してしまう。

モニカ【メラニー】

profile

フィリピンの女性。日本語は少しだけ分かるが、何から学んだのか知らないが、相手を「おのれ」呼ばわりする。彼女は遠藤の役者人生を変える…かもしれない。

役所広司

profile

映画を中心に活躍し華々しい受賞歴を持つ日本を代表する名優。人気・実力ともに誰もが認める主演俳優なのだが「バイプレイヤーズ」にはバイプレイヤーたちへの友情から参加を続けている。そんな恩人とも言える役所に、映画「バイプレイヤーズ」の若手バイプレ濱田岳と柄本時生はとんでもないことをやらかすらしい…

吉田羊

profile

主役も脇もこなせる今、大人気の女優。姉御肌で朝ドラのヒロイン争いで一喜一憂する若手女優たちを温かく見守る。で、当の吉田自身は朝ドラヒロイン役は自分に来ないと思っているとのことだが…果たして本当にそうなのか…はドラマを見ていただきたい。サバゲーが大好き。

芳根京子

profile

若手実力派の可憐な女優。朝ドラのヒロイン経歴者。生まれ変わっても生まれ変わらなくてもまたヒロインをやりたい。また柄本時生、菜々緒、高杉真宙とともに、濱田監督の自主映画に誘われている。芳根の監督への質問は現場をざわつかせるらしい。

利重剛

profile

俳優であり映画監督。映画「アウトローの森」の監督を任される。最近予算のない作品をやる機会が増え、スタッフ不足で役者の入りの遅れの説明も監督自身でしなければならない時があり、それが超ストレス。

りょう

profile

ハセキョウと4チャン「CTO」にダブル主演している。りょうはクールビューティーにみえて、火がついたら止められない熱い性格。さらに暴れん坊教師という役柄がりょう自身に憑依していくらしく、相方のハセキョウも戦々恐々。

六角精児

profile

クズ人間を自称する曲者。「なんとかなる」が口癖だが、大体なんとかならない。6チャン「大合併」に出演中で「小銭泥棒とは俺様のことだ」がバズった為、度々小銭風呂の収録があるが風邪をひくのでやめて欲しいと思っている。ただオープニングの映像は好き。

渡辺いっけい

profile

昔の夢は漫画家だが今やドラマ・映画に出まくりのバイプレオブバイプレ。テレ東「チーム7」と映画「アウトローの森」に出演し、それ以外にもCMなど数多く活躍。だからバイプレウッド撮影所のそこかしこに現れるらしい。働きすぎでおじさん俳優の絶滅を危惧している。

©2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会